ノルバスクを服用することで高血圧を改善することができます。ノルバスクは効果が現れるまでに時間は掛かりますが、急激に血圧が下がるわけではなくゆっくりと下げるのでカラダへの負担が少ないです。ノルバスクについてはこちらを参考にしてください。

血圧は眼圧とも相関あり?息の吐き方とノルバスク

高血圧症が大きな社会的問題となっています。
実は、血圧と眼圧とは、深い関連があるのです・
血圧と眼圧のメカニズムは全く異なっているのですが、血圧の高い人は比較的眼圧も高いという相関があるのです。
確かに、かねてよりよく使われている眼圧を下げる点眼薬は、βー遮断薬という系統の医薬品です。
これは、内服薬では、血圧を下げる薬として使用されているという事実があります。
ほかにも、眼圧を下げる薬として、同時に、血圧を下げる薬としても使われている事例があります。
また、季節的には、冬になるほど眼圧が上がる傾向がありますが、全く同じように、血圧も冬のほうが上がりやすい傾向にあります。
眼圧も血圧も、いずれも自律神経の影響を受けることが関係していると考えられます。
また、肥満の程度を示すBMIの数値を見ても、肥満の程度が高い人ほど、眼圧も高い傾向が読みとれたのです。
このような事実が確認されています。
血圧を下げる簡単な手法として、腹式呼吸があります。
腹式呼吸をすれば、自律神経をコントロールできますので血圧が下がってきます。
やり方は簡単です。
鼻からゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませ、続いて、口から息を吐きながらお腹をへこませていきます。
これの繰り返しだけでです。
医療現場での高血圧症の治療にあたっては、現在では、ノルバスクを処方することが一般的です。
ノルバスクは、ゆっくりと効果を示す薬ですので、体にも優しいです。
また、副作用がほとんどなく安全性が高い医薬品として知られています。
このような利点がたくさんありますので、高血圧治療の第一選択薬としてノルバスクが使われるようになってきています。
ノルバスクは多くの高血圧症患者を救済しています。

page top